セク嬢であることに対して偏見をもたれたことありますか

セクキャバで働いていることに関して、あまり自分で言うことは無いと思います。
しかし、話の流れでセクキャバで働いていることを告げたとき、偏見をもたれてしまうようなことは無いでしょうか。
そのような人は実際にいるのでしょうか。

偏見は持つ人は必ずいる

セクキャバというのは、女の子へのお触りやキスが行える場所ですから、そこで働いている女の子は当然そのようなことをしているわけです。
ですから、普通の仕事をしている女性から見たときには、やはり偏見の一つも持ってしまうこともあると思います。
むしろ、偏見を持たないと最初から言っている人の方が珍しいのではないでしょうか。

public_00052052

偏見を持たれる訳は

先に少し触れましたが、やはり偏見をもたれてしまうのは男性に対して身体を許すことになるからでしょう。
普通と言う言い方が正しいとは限らないのですが、やはり男性に対して身体を使うような仕事に対しては、多少なりとも偏見を持ってしまうのではないでしょうか。
身体を売ってお金を稼いでいるという風にしか見えないのでしょう。
どんな理由があったとしても、働いていない人からしてみれば、セクキャバでは出来るだけ働きたくは無いと思ってしまうのでしょう。

偏見があっても気にしない

当然ですが、セクキャバで働いている女の子は何も気にするようなことはありません。というのは、実際のところ普通の仕事をしている女の子よりも十分に稼ぐチャンスがあるからです。
実際のところ、稼げないよりも稼げた方が絶対にいいですし、それだけのポテンシャルをセクキャバの仕事は持っているわけです。
下手をすれば軽く倍以上は稼げてしまうわけです。
それだけの仕事をしているわけですから、別に何を言われたとしても、何も気にすることは無いと言うことです。
むしろ、周りの人の言葉に耳を傾けるようなことなど無いはずです。
むしろ、どのような理由があったとしても、自分は周りの人たちよりも稼いでいるんだという風に自信を持ってもいいと思います。
実際、周りから見ているよりもセクキャバの仕事は大変なわけですから、そういう意味でも自信を持っていい課と思います。

セクキャバに限らず、風俗の仕事全般については、まだまだ世間からの風当たりは厳しいところもありますが、とにかく何も気にしないようにすることをお勧めします。
それだけ十分に稼ぐことが出来るはずですし、ある程度の地位を手に入れることだって出来るはずです。
何も気にせずがんばってみるといいかと思います。